--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
05.06

Myrrh Soap

Category: soap
*** Out of Stock ***

myrrh.jpg

OIL) Rice Bran/Sunflower/Coconut/Palm
OP) ミルラ・パウダー/トレハロース
水分)ミルラ・ティーを全量使用
香り)ラベンダーEO/Tea tree EO

Myrrh(ミルラ)は、ミルラの木から出る樹脂を乾燥させて粉末にしたものです。
古代から非常に貴重で様々な用途に使われ、その香りは古くから“聖なる香り”と
称されています。

ミルラというのは「苦い」という意味。中国では「没薬」と呼びますが、
「没」というのも「苦い」という意味です。

数千年もの間、「東洋の宝」の1つに数えられてきたミルラ。
フェイシャルパックなどにもよく使われ、肌を保湿する効用や、高い殺菌作用から
炎症抑制、傷を治す作用なども期待できるそうです。

ミルラにはとても素敵な逸話がたくさんあって、とっても興味深いハーブなのです。
長くなってしまいますが、そのいくつかをぜひご紹介したいと思います!

* * * * * * * *
昔からミルラは薬として使用されていたこともあり、救世主の象徴とされていました。

キリストが誕生したとき、それを祝って、当時の賢者(東方の三博士)が
3つの贈り物をしました。

ひとつは、金(ゴールド)。
ひとつは、乳香(これも芳香性のある樹脂)。
そして、最後のひとつが、このミルラだったのです。

また、十字架にかけられたキリストに信者がミルラを混ぜたワインを手渡した、
という話がマルコ伝にあるそうです。

* * * * * * * *
古代エジプトでは、太陽崇拝の儀式にミルラを焚いていたそうで、今でも瞑想など
によく使われます。
殺菌・防腐作用が強いのが特長で、ミイラの保存用に使われていたほど。
ミイラの語源は、このミルラからきているという説もあります。

そのムスク調の芳香は、クレオパトラも香水に使用した記録が残るそうです。

* * * * * * * *
ギリシャ神話では、ミルラの樹脂は絶世の美女・王女ミュラの涙とされているそうです。
母親が「娘は美の女神アフロディテより美しい!」と自慢したせいで、アフロディテの怒りを
かってしまった王女ミュラ。呪いにより実の父親に恋い焦がれ、罰として国を追放されます。
ミュラは何カ月も砂漠を放浪し、力尽きた時、神に許しを乞いました。

そこで神々はミュラをミルラの木に変えました。木になったミュラは今も香り高い涙を
流し続けているのだそうです。

また、ミュラはその時すでに子供を身ごもっており、やがて木の皮が裂けて男の子が
生まれました。その名はアドニス。美の女神アフロディテに愛された美少年です。

* * * * * * * *

いかがでしたか?
はるか昔から人々にとって特別な存在だった事が分かりますよね!

ミルラのウッディな生薬っぽい香りを生かしつつ、相性の良さそうなラベンダーと
ティートゥリーでほんのり香りづけをしました。
気持ちを落ち着かせてくれるような香りです。
 
---------------
癒される香りとしっとりした洗い上がり
こちらはトレハロースのしっとり&さらっとした感じ。Neem のほうが、よりしっとりタイプだと思います。
  
ラッピングはこちら♪

w_myrrh.jpg

5/10 発売予定です♪

* * * * * * * *
お店はこちら♪
Ucari* Handmade Soap
 
 
コメント
ゆかりさん。。。
さっきパソコンを開いたら、
全て完売していてv-12

皆さん、私と一緒で
とっても楽しみにしていらしたんですネv-237

次回、楽しみにしていますv-25
あゆみ☆dot 2010.05.10 16:58 | 編集
あゆみさん
いつも楽しみにしていてくださって、ありがとうございます!

今回は想像を上回る速さで完売御礼となりましたi-203
感謝の気持ちでいっぱいです~!

来週の月曜日に「けるぷ」と「日本酒」を発売予定ですので
どうぞお楽しみに!!

ucaridot 2010.05.10 18:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。