--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
03.22

愛をこめて

Category: et cetera
転居後のネットトラブルがようやく解消し、更新できました。
私は無事に過ごしております。
皆さんも無事お過ごしのことと祈っています。

地震の時には新宿に出ており、多くの人達と共に歩いて帰宅しました。
私よりも遠くへ帰るという方々も多く、無事を祈りあいました。

翌日以降、近所のコンビニやスーパーから食品や水などがなくなり始めると
「怖かったわねぇ、食品やお水が買えなくて困るねぇ」と、何人ものお年寄りに
声をかけられました。買いだめのできない方々は本当に大変だろうと思います。
お話を聞いて差し上げることしかできませんでしたが、物資に余裕のある
都心での不安解消のための買いだめは、ぜひともストップしてほしいです。

毎日映し出される悲惨な被災地の光景や厳しい避難所生活の様子には本当に胸が痛みます。
しかし、そこに見えるのは、まぎれもなく大きな愛だということも痛感します。
過酷な状況の中、「自分だけじゃないから」と人を思いやり、助け合い、支えあう姿。
自らの身を呈して、救援・復旧にあたられている多くの方々。
Twitter や mixi でたくさん寄せられている感動のストーリー。
日本人であることに、誇りを感じます。

そして、日本中、世界中から寄せられる救援の手。
連休に用事で故郷の鹿児島に帰ってきましたが、そこでも至る所で高校生や大学生の若者たちが
中心となって街頭に立ち、東北支援のための募金をつのっていました。
世界中にいる友達からも、ゆかりや家族は、日本は大丈夫か?何か自分にできることはないか?
と、毎日のようにメールが寄せられます。
世界中からの愛が、しっかり東北へ注がれています。

原子炉の問題も深刻です。
でも、これを機に、きっと世界中で原発の安全性が問われ、見直されるでしょう。
ドイツのように、新しい原発の建設を中止するところも続くでしょう。
そして、もっと安全でクリーンなエネルギーが誕生するきっかけになるかもしれません。
私たち日本がこの危機を乗り越えることで、より良い世界になっていくことを祈ってやみません。

一日も早い復興を心から祈りつつ、自分にできること。

節電すること。
募金に協力すること。
買いだめはしないこと。
恐れや不安にフォーカスせず、被災地を包む愛と人々の強さにフォーカスすること。
必ず事態は無事収束することを強く信じること。
そして、日々を笑顔で過ごし、自分の周りに愛を送ること。

続けていきたいです。

愛をこめて
ゆかり

 
コメント
ゆかりさん、素敵なメッセージをありがとうございます。私も同じ気持です。笑顔を忘れずに頑張ります!
maridot 2011.03.23 00:12 | 編集
mariさん、温かいコメントありがとうございます!
こんな時だからこそ、素晴らしいアートを通して人々の心に
安らぎや潤いを与えることができる。
mariさんのお仕事、素敵です!
ucari*dot 2011.03.23 09:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。