--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.05

1日目 - 猿田彦神社・月讀宮 編

Category: お出かけ
伊勢神宮を後にし、おはらい町で名物「赤福」とお茶を頂いて一休み♪

「猿田彦(さるたひこ)神社」へ向かいます。

猿田彦大神は天孫降臨の際に邇邇芸命をお迎えし道案内をした神様で、ものごとの最初に
御出現になり、万事最も善い方へお導きになる”道ひらき”の神様です。

境内には「佐瑠女(さるめ)神社」があり、天照大御神が岩戸にこもってしまった時に、岩戸の前で
神楽を舞った天宇受売命(あめのうずめのみこと)が祀られていました。
俳優、踊り、芸能の神様ということで、踊りや芸能にたずさわる友人達のためにお祈りしてきました。

猿田彦神社の裏手にはご神田が。
この田んぼでとれた米から御神酒を作るそうです。
とても静かで美しく、清々しい場所でした。




続いて、伊勢内宮の別宮である「月讀宮(つきよみのみや)」へ。
別宮とは、御正宮に次いで格式の高い特別なお宮を指すそうです。

こちらは天照大御神の弟である月讀尊とその荒御霊、伊邪那美神、伊邪那岐神が祀られていて、
南に向かって4つの社殿が並んでいる珍しい作りの神社です。

それぞれの社殿は白い石で囲まれており、静かで独特の雰囲気が漂っていました。


今日はここまで。宿へ向かいます。
宿は二見にある「いろは館」という旅館でした。
部屋は海に面しており、素晴らしい眺めと波の音が楽しめました。

iroha.jpg

食事も美味しくて、伊勢エビを堪能♪
食後は海辺をぶらぶらお散歩して、1日目を終えたのでした。

 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。