--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.09

3日目 - 徐福の宮・波田須の道・鬼ヶ城

Category: お出かけ
Day3 - 伊勢を出て、熊野市へ移動しました。
熊野では世界遺産を巡るのが目的です。

レンタカーを借りて、そこで勧められた「割烹やまぐち」さんでランチ。
名物「めはり寿司」と「紀州岩清水豚」のトンカツをシェアしました。
めはり寿司は”目を見張るほど大きい”というところから付いた名前だそうで
高菜の浅漬けで包んだおにぎり。どれも美味しかった~♪

世界遺産その1:「波田須(はたす)の道」を目指します。

まずはその途中にある「徐福の宮(じょふくのみや)」に寄り道しました。
秦の時代に徐福が不老不死の霊薬を求めて日本に上陸したという伝説の地。

お宮は「ここでいいの?!」と不安になるほど狭く住民しか通らなそうなクネクネ道を
入っていったところで、のどかで美しい田園風景が続きます。
(彼は「運転楽しーい!!」と喜んでましたw)

jofuku.jpg

家族とBabyちゃんの健康を祈願。
小さいながらも味のあるお宮でした。

国道へ戻ったところの眺望
jofuku2.jpg


いよいよ「波田須の道」です。
ここは鎌倉時代の石畳が残る、熊野古道「伊勢路」の中でも古いたたずまいのある道。
国道からすぐのところにあります。

ちっとも山歩きに適さない服装です。
手軽に楽しめる、と聞いていたので、ちょっとなめてました。

hatasu1.jpg

日差しの強い快晴の日でしたが、波田須の道に入るとすっと涼しくて、
苔むした石畳がとても美しく、清々しい気持ちで歩けました。

hatasu2 hatasu3.jpg


次に、世界遺産その2:「鬼ヶ城(おにがじょう)」へ向かいました。
鬼ヶ城は地震で隆起した凝灰岩の岩盤が打ち寄せる波に洗われてできた奇岩の絶景です。

打ち寄せる激しい波も、青く澄んで美しい!
onigajo.jpg

onigajo2.jpg

onigajo3.jpg

波や、風雨によって複雑な形に削られ、くぼみ、不思議な模様ができている岩屋と千畳敷
onigajo4.jpg onigajo5.jpg

写真では全然とらえきれませんでしたが、その美しさとスケールの大きさ、自然の力の偉大さに
畏敬の念を抱かずにはいられない二人でした。

onigajo6.jpg

エネルギッシュな絶景、おすすめです!

続いて 世界遺産その3:「七里美浜」を目指します!

 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。