--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.15

6日目 - 飛鳥 編

Category: お出かけ
朝一番に電車で飛鳥へやって来ました。
多くの史跡や古墳・石造物が残されている、自然豊かな明日香村。

最初にやってきたのは「亀石」。
田んぼの中に唐突にあって、見つけるのにちょっと迷いました。

にっこり微笑んでいるような亀石。かなり大きいです。
こんな癒し系のお顔ですが、南西を向いている顔が西をにらみつける時、
大和盆地に大洪水が起きるという言い伝えがあるそうです。

kameishi.jpg


次に訪れたのは、やはり田んぼに囲まれた「橘寺(たちばなでら)」です。

橘寺は聖徳太子誕生の地に太子自身が創建したとされるお寺だそうです。
聖徳太子はここで生まれ、子供時代を過ごしていたとか。

「橘」とは、日本書紀によると田道間守が垂仁天皇の勅命を受けて不老長寿の薬を求め、
海を渡り十年後にある種を持ち帰りましたが、その時すでに天皇は亡くなっていたため、
しかたなくその種をこの地にまくと芽が出たのが橘(みかんの原種)であったことから、
以来この地を「橘」と呼ぶようになったそうです。

tachibana2.jpg

tachibana3.jpg

お庭も美しく、静かで風情のある佇まいのお寺です。
tachibana4.jpg

お庭に飛鳥時代の不思議な石、背中合わせに「善」と「悪」の顔を持つ
「二面石」がありました。左側が「善」だそうです。
tachibana.jpg


のどかな田園風景が続きます。
asuka.jpg

ちなみに今回もレンタサイクルで移動です!
日差し対策に駅前のコンビニで麦わら帽子もGETして、やる気満々。
asuka2.jpg

asuka3.jpg

やって来たのは「石舞台古墳」です!
飛鳥の豊かな自然と文化的遺産の保護、活用を図る一環として国が作った
広大な飛鳥歴史公園の一地区にあります。

ishibutai.jpg

公園内は自転車禁止なので徒歩です。
ishibutai2.jpg

見えてきました!
ishibutai3.jpg

総重量は約2300t もの巨大な石を積み上げた、日本最大級の石室古墳です。
ishibutai4.jpg

本来は土で覆われていたものが、封土が失われて天井石が露出した形になっているのだそうです。
この巨石が覆われていたなんて・・・どれだけ大規模な古墳だったのでしょうね!
ishibutai5.jpg

石室に入ることができます。
ishibutai6.jpg

被葬者は不明。この地に庭園を持っていた蘇我馬子の墓という説が有力だそうです。
圧倒的な石のエネルギーと、この巨石を運び、組み上げた古代の人々の技術に感服です。
ishibutai8.jpg


次に向かったのは、不思議な幾何学模様の「酒船石(さかふねいし)」。
竹藪の続く丘を登っていきます。
sakahuneishi.jpg

ありました!長さは5m、幅2.3m、厚さ1mの巨石。
sakahuneishi2.jpg

用途は不明で、酒や油を搾るのに使われたとか、薬を作るのに使われたとか、
諸説あるそうです。なんだかミステリーサークルっぽい!!
sakahuneishi3.jpg

2000年にこの酒船石から北西約75mのところに発掘されたのが
こちらの亀形石造物です。
kamegata.jpg

豊富な地下水が小判形→亀形→北に伸びる溝へと流れる仕組み。
しかも小判型から亀形に流れる水の穴は小判形の底下から8cmほど上にあり、
不純物が沈殿し綺麗な水だけが流れるように工夫されていたそうです。

これほどの設備があることから、天皇クラスの位の高い人がここで儀式を行っていた
と考えられているそうですよ。


最後にやって来たのは、「飛鳥寺」です。
596年、蘇我馬子によって建立された日本最古のお寺です。
asukadera.jpg

左が日本最古の仏像、ご本尊の飛鳥大仏です。
606年に推古天皇が造らせたもので、東大寺の大仏よりも150歳年上!

asukadera2.jpg asukadera3.jpg

飛鳥大仏の特徴として、手の指と指の間には水鳥の足のようにひだがついていて繋がっています。
これは、”何人たりとももらさず救い上げる”という仏の教えを表しているのだそうです。

聖徳太子像も祀られていました。

asukadera4.jpg

美しい庭
asukadera5.jpg

飛鳥寺の横には、蘇我入鹿の首塚と言われる五輪塔がひっそりと建っていました。
その周囲は青々とした田んぼが広がっています。

asukadera6.jpg

意外な事に、ここ飛鳥は日本の牛乳発祥の里なのだそうです。
シルクロードを通じてここ飛鳥の地に古代酪農が伝来し、「飛鳥の蘇」と呼ばれる乳製品は
飛鳥・奈良時代の貴族たちの不老長寿や美容のために愛用されたのだとか。

さっそく飛鳥寺前で「飛鳥の酪」という飲むヨーグルトを買って一休みしました。
酸味が強めで、さっぱりして美味しかったです♪


さぁ、飛鳥も満喫しました!
再び電車で移動し、三輪へ向かいます。

 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。