--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
12.24

Merry Christmas!

Category: et cetera
皆さま、メリークリスマス!

ヒロキと迎える初めての特別なクリスマス。
幸せと感謝の気持ちを噛みしめながら過ごしています。

ちょっと前になりますが、モデルの梨花さんの出産ニュース。
ご自身が意識を失ってしまったほど大変な出産をされたそうで

「出産も母子ともに無事であるという事が決して当たり前ではないという事、
命の大切さを、どこまでいっても神様は私に!伝えたいみたいです」


というコメントを出されていましたね。

「いのちが無事あることは決して当たり前ではない。」
この真実の大切さ、深く深く共感せずにいられません。

  
私の出産も25時間以上かかる難産でした。
ゴスペルを歌いながらひとり陣痛に耐えた夜、一睡もできず意識朦朧。
分娩時に体力が持たないということで、当初拒否していた陣痛促進剤をうち、
人工破水させて、分娩にのぞむことになりました。

酸素マスクに点滴。必死にいきんでもどんどん力が足りなくなっていく。
吸引をかける医師。お腹をぐいぐいと押す看護師さん。
バタバタと入れ替わり立ち代わりサポートする何人もの助産師さんや看護師さん達。

それでも産道が狭く、一番狭いところからヒロキが出てきません。

これ以上は危険、と判断されたところで、応援によびだされた別の男性医師が
お腹にぐわっと体重をかけて思い切り押すと同時にMAXの吸引をかけて
ようやく出てくることができました。

臍の緒が首にまきついていて、3分間ほど呼吸が止まっていたヒロキ。

産声があがるまでの緊迫した室内のあの雰囲気。忘れられません。
私も一言も発することができず、朦朧とする意識の中ただ祈るのみでした。

3分ほど仮死状態にあったうえ、数度にわたる強い吸引のため頭部に
内出血があり、ヒロキはそのまま小児科へ入院。
私がこの手で抱っこすることを許されたのは4日後の事でした。


知識としては頭にありました。体験談もたくさん読みました。
高齢出産で初産 ⇒ いろいろとリスクが高い。ふむふむ。

でもね。やっぱり自分には関係ないと思ってたんですよ。
妊娠中なんのトラブルもなかったし、私は大丈夫~♪ って。
自分は安産にちがいない、と、妙に自信満々でした(笑)

他のママさん達が産後翌日から抱っこして授乳したり同室で過ごす中、
保育器の中で点滴につながれたヒロキをガラス越しに見つめ、話しかける日々。

保育器に手だけいれて触らせてもらった日。
搾乳した母乳を、保育器の中で哺乳瓶で飲ませた日。
初めて保育器から出して、抱っこする事ができた日。

全部はっきりと覚えています。

有難いことに、産後の私の体は順調に回復。
一緒には退院できないかもと言われていたヒロキも、皆が驚くほどの速さで元気に!

そして、ヒロキが元気もりもり&チャビーな今、毎日思うんです。
最初が大変だったからこそ、当たり前ではないことが分かっているからこそ、
全てがありがたく愛おしく感じる事ができる。

ヒロキが泣いても嬉しいし、うんちしても嬉しいし(笑)、笑うとたまらなく嬉しいし、
寝ている顔を見ると「よく頑張ってくれたね」って、感謝でいっぱいになる。

今があることが、どんなに素晴らしい奇跡であるか。私が決して忘れないように、
神様がくださったギフトだったのだと思います。

決して忘れません。ありがとうございました。
これからもヒロキをお守りください。

やっぱり長くなりました。
壁にぶつかり心揺れる時もあろうかと思うけど、そんな時は読み返せるように
記しておきたいと思ったのでした。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

皆さまもご両親やご家族、大切な人達への感謝と愛情を胸に、今あることを喜び、
笑顔いっぱいの素敵なクリスマス~年末年始をお過ごしください

happy.jpg

 
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。